セクキャバにぼったくり店はないのか?もしもの対策

セクキャバは風俗でもソフトサービスで、キャバクラよりエッチができる健全な風俗で有名ですね。
そんなセクキャバは風俗街にありますが、どのお店も安全に利用できるのでしょうか?
風俗街でよくある客引きにつれていかれる。
ぼったくり店だったということがありますね。
セクキャバでそのようなことはあわない判断と対策について詳しく見ていきましょう。

セクキャバにぼったくり店はないのか?

金ほったくりとは、暴利をとることが語源の言葉。
他には「ぼられる」「ぼったくる」などがあり、どれも同じ意味です。
お客さんに適性価格で販売しない、メニューはあってもお勘定の際にとんでもない金額で請求するなどの行為。
飲み屋街では多くのぼったくり店があり、同じようなお店だったら10000円ですむところが30万とか50万とかの請求があるのです。

席に座って実際に飲み食いしているものは、少しであっても高額請求をするのです。
ここまできっきりしていたら、ぼったくりとわかりますが、いまでは、ぼったくりまではいかないが、微妙に高い請求をするところもあります。
10000円が15000円とか20000円で請求するのです。
なんか高いが、もめたくないので仕方ないから支払う。

いまは亡くなった「たかじん」が大阪の繁華街でビル1棟のお店にどれだけのぼったくり店があるかチェックする企画がありました。
「たかじん」が最上階から下の階まで、くまなく飲み屋に入ってビールを注文するのです。
1本か2本注文して勘定するのですが、普通に考えれば10000円もあれば十分なところを、50000円請求されるのです。
そのときの「たかじん」は、支払いをすませたあとにいった言葉が印象的なものでした。

なんやこの店は中途半端やな。ぼったくり店やったら10万・20万請求してわかりやすくしろや」というものでした。
お金持ちの「たかじん」だから言えるセリフですが、いまでもぼったくり店は存在するのだということが、テレビでわかりました。

セクキャバ店のぼったりくり店のサービス

セクキャバのぼったくり店のサービスはどうなっているのか?
ぼったくり店であってもセクキャバ店にはからりないので、サーピス内容は、同じシステムになっています。
受付でサービス時間に対応した料金を精算して入店します。
指名すれば指名料金が発生します。

その後はソファーにセクキャバ嬢と一緒に座り、ドリンクを注文して会話して上半身サービスにはいるのです。
ぼったくりであったとしても、このサービスの流れは同じ考えになっているのです。
とくにドリンク・キープが別料金になっているところは注意が必要でしょう。
サービス料金は支払っているが、飲んだ本数によって後から精算する料金がある場合は、ぼったくられる場合もあります。

ドリンクはサービス料金に含まれている飲み放題を選ぶといいでしょう。
そのようなシステムをとっているところは、上半身サービスと込みになっているので、ぼったくり店ではないでしょう。
セクキャバ店には絶対ないかと言えばわかりませんが、世の中で言われているぼったくり店のタイプは、風俗系でもキャバクラ・スナックのようなところが多い。

セクキャバ店のぼったくり内容

セクキャバ店のぼっちくり内容は、前述の「たかじん」の内容と同じです。
整理すると高額請求か微妙に高い請求になっているのです。

高額請求

請求書サービス料金は10000円であっても、ドリンク別で帰りに請求がまわってきて、合計金額がビール5本で5000円と考えていたのが、1本3万の5本で15万とかの考えられない金額になっているのです。
あなたが想像している1本金額の30倍になって請求されるのです。

このように注文している商品に違いはないが、1本の単価が違っているのです。
お店側の言い分は、うちの仕入れ単価から考えると販売単価はこうなってしまうのです。
このような感じです。
頼んだ商品はたしかにビール5本であっている。

しかし、単価がここまで違うとは思いもしませんね。

微妙に高い

いまでは、微妙に高いセクキャバ店もあります。
前述であればビール1本が30倍ですが、1本3倍くらい。
前述の例で言えば、5000円と考えていたのが、15000円になるのです。

納得いかない内容であっても、しかたないので支払ってしまうのです。

セクキャバぼったくする店の特徴

それでは、ぼったくり店の特徴はどのような感じなのでしょうか?
それがわかっていれば、そんなセクキャバ店に入らないですね。

客引きを利用した集客

だいたい、ぼったくり店は客引き(キャッチ)が路上営業してお客さんに声をかけています。
「お客さん」「お客さん」と声をかけて振り返れば
「お客さん、今夜はいい子がいますよ。すごい。感動もの。どう?今日は特別料金にするのでどうです。これも縁です。清水の舞台から飛び降りた気持ちで特別価格を提示いたします。今夜いかないと後悔します。絶対最高のワンナイトにできます」
このように、ありもしないことを並べ立ててお店まで連れて行くのです。

新規お一人さまと言って、特別料金でと入店させるのです。
冷静に考えれば、客引きは一切料金がいくらとは言っていません。
特別料金と、すごい。
後悔させない。

特別な日になるなどのキヤッチーな客引きの言葉を信じて、ぼったくり店に入るのです。
そもそも、いまどき客引きなんかしているお店は希少です。
風営法でも条令でも禁止されているので、客引きが見つかれば逮捕になってしまうのです。
そんな危険行為をして客引きするようなお店は、それをしてでも稼ぎたいと考えているのです。

絶対に客引きについて行ってはだめなのです。
ぼったくりされたあと、路上には客引きはもういません。
いたとしても、料金のことでクレームをつけてもどうもできません。
客引きでついてくる男は「カモ」以外の何ものでもありません。

ネギはしょってはいませんが、鼻の下を伸ばした馬鹿面している人だけです。

風営法許可をとっていない

書類客引きはしていないが、セクキャバ店が風営法に沿っていない場合も、ぼったくりするところはあるでしょう。
なぜなら、彼らは日銭で生きているのです。

明日は摘発でお店は飛ぶかもしれない。
そんな不安定にお店をしているので、お客さんからできるだけお金を回収するのは、当たり前の行動になるのです。
出来るだけ回収ができれば、あとはドロンなのです。

ぼったくりセクキャバに入店したあとの対策は?

ここまでの説明をしたとしても、セクキャバのぼったくり店に入店するかもしれませんね。
そうならないためにも、できるだけ事前調査が必要でしょう。
ぼったくり店は、ホームページサイトをもっていません。
なければ危険があるかもしれないので、そのお店は外して考えましょう。

これだけは、最低でもチェックしましょう。
あと、どうしても不安があれば、4.5人の団体でセクキャバ店に入店したほうがいいでしょう。
団体扱いでどのようなサービスで料金になるのか受付で聞いて、その後、高額請求があれば、みんなで対応すればいい。
ひとりだったら、シプシブになるでしょうが、4.5人もいれば心強いでしょう。

これは、暴れろといっているのではありません。
そんなことしていたら、本物が登場して痛い目にあうので紳士な対応をしましょう。
それでも、状況として不利な場面もあるでしょう。
そんな時にどうすればいいのか対策をチェックしましょう。

おかしいと思ったらすぐに退店

傷口は広がる前に退店するのがいい。
おかしいと思ったら、すぐにお勘定してもらうのです。
これはとても難しいのですが、あなたに直観力があるかどうかで決まります。

それでも、お店に入って綺麗なお姉ちゃんのパイパイを見て舐めていると、直観も鈍ってしまう。
あなたが入店するときのボーイの対応がなんとも違和感がある。
金曜日の22時前後に入ったのに客がいない。
セクキャバではありえません。

あなたは、入った時点でカモになると考えたほうがいいでしょう。
できれば、何もしないでそのまま帰ったほうがいいかもしれませんが、ぼったくり店がどうかまだ決まっていないのにサービス料金ムダにして帰れないと思いますね。
ドリンク1本注文して料金を聞いて見ましょう。
その時点で高額であれば、そのまま常識の範囲のお金を渡して、電話番号と名前をいって帰りましょう。

何も支払わずに帰ったら、無銭飲食であなたが悪くなるので、お金は常識的な金額を置いて帰りましょう。
あとは、民事裁判でもなんでもいいから起こしてくれ。
ナックいかない金額は支払えないと言えばいい。
ぼったくりがあれば、毅然としてあなたが対応するしかないのです。

びびって引いていてはダメです。
常識の範囲を超えた支払えない金額は、支払う気はないと言うのです。
あとは交渉をするしかありません。
そのためにも、セクキャバ店に入る時には事前にボーイに十分聞かないといけないのです。

警察に連絡してもどうもならない

警察ぼったくりなんか犯罪だ!警察に電話するといったら、相手はどうぞというでしょう。
ぼったくりの揉め事は民事。
民事に警察は介入しないので、双方で話し合ってくださいというだけです。

話合いが決裂すれば、裁判で争うしかないのです。
あなたにしたら腹が立ってしかたありませんが、社会勉強と思うしかありません。
ぼったくりにあったからといって、絶対引いてはいけません。
冷静に高額請求に対して納得がいきません。

なんとかなりませんか。
そのような金額のお話は一切説明がありませんでした。
わるいですが、信用できないお店ですね。
交渉できないのであれば、私が常識と考えている金額を支払います。

あとは、電話番号と名前と住所を教えるので、裁判でも起こしてください。
可能であれば、録音か録画した内容をクラウドに同時にアップすればいいでしょう。
そこまでいって、請求するようなお店は少ない。
最も困るのが、そのような常識的にことがわからない本物さんでもチン〇ラとかグレー系の人ですね。

セクキャバぼったくりのまとめ

セクキャバでぼったくりがあるとしたら、ドリンク系の請求になります。
飲み放題でサービス料金のお店を選びましょう。
ぼったくり店の特徴は客引きしている。

風営法にそった許可をとっていないお店です。
はじめてのセクキャバ店は、ホームページサイトは最低限はチェックして、ないお店は外しましょう。
万が一、あなたがぼったくり店に入ったら、おかしいと思ったらお勘定をして、常識的な範囲の金額を支払って民事裁判で解決。
ぼったくりの解決は、自分でする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする