セクキャバ店NG客扱いで出入り禁止になった理由

いつものように、セクキャバにいって、いつもの嬢を指名して遊んだ。
いつもと変わらなかったと思うが、どうしてなのか?
嬢からNG客になった。
嬢だけならいいがお店にも出入り禁止。

青天の霹靂。
理解ができない。
なんでそのようなことになったのか、何が悪かったのか。
もう2度とお店にはいけないのが寂しいと思う。

そうなった人は、だいたい理由がわかりません。
どうしてそうなったのかご紹介します。

セクキャバ嬢からいきなり出入り禁止されたのは何が理由か?

No, 拒否出入り禁止とは風俗業界や飲み屋などで使用する言葉です。

もう2度とお店には来ないでくださいと言う意味があります。
常連であろうが、あまり利用していなかったお客さんであろうが、問題がありお店側に大きな損失があれば、着て欲しくないと考えるのは普通のことです。
具体的に何かが壊れたとかであればお金で解決できますが、そのような単純なものではないのが出入り禁止をうける人の特徴。
つまり、出入り禁止になる人そのものの問なのです。

ナイトワークで有名な出入り禁止は、コンパニオンを複数くっていく男ですね。
あっちの女性、こっちの女性とまたをかけて肉体関係になっていき、お店のなかで男性を中心にしてトラブルがおこるのです。
こうなるとお店はうまく機能しなくなる。
だから、お客さんであっても出入り禁止するのです。

それでは、セクキャバでNG客認定になって出入り禁止となるのは、何をしたのでしょうか見ていきましょう。

セクキャバで何をすればNG客になるのか

セクキャバは風俗ですが、業界ではソフトサービスのひとつです。
そのセクキャバで何をしてNG客・出禁になるのでしょうか、考えられる原因ひとつずつ解説します。

痛いバストプレイ

セクキャバは上半身サービスで、嬢が裸になってバストを揉む・乳首を舐める・キスをするなどです。
サービス内容としては性風俗に比べるとかなりソフトなプレイになっています。
ただ、そのサービスをどのようにあなたがしたかが問題になるのです。
常連客であればこのようなケースはないでしょうが、フリー客や不慣れに客、女性経験が少ない男性であれば問題になるのです。

AV鑑賞で女優が乳を揉まれて悶えて喜んでいるところを見て、こうすれば女は喜ぶものと勘違いしている人が多くいます。
女性の乳首は性感帯のひとつで、あなたのアソコの先のように敏感になるところです。
アソコよりは刺激には強いですが、それでもやり過ぎると痛みはあります。
乳をわしづかみにして揉む・乳首をきつく吸う・乳首を噛むなど、嬢は気持ちいいわけありません。

赤ちゃんに母乳をやっているときでさえ、きつく吸われると痛みを感じるのです。
それを大の大人がしたら、たまってものではありません。
女体のことが理解できていない、乱暴なプレイをする人は体を傷付ける。
そうなると使い物にならなくなってしまうのです。

嬢がひどいことをされると、お店としても辞められてはこまるので、そのようなことを無意識であってもする人はNG客であり、出禁になってしまうのです。

セクキャバにないプレイを要求

男性 女性セクキャバのサービスメニューはお店によって多少違いはあるが、同じようなものです。
ソフトかハードの2つがあり、上半身サービスだけか、下半身サービスでも下着をつけた上からのタッチまでになっています。
性風俗のように男性が望むフィニッシュはないので、興奮してフラストレーションから過激プレイを要求してしまうこともあります。

そのような男性は理性がコントロールできなかったとしても、本能として制御できないので、出入り禁止になるのです。
少しくらいいではないかと男性側からすれば思うでしょうが、少しもちょっともなく、できないプレイなのです。
もしも警察がガサ入りしたときに過激プレイをしていたら、それだけで逮捕になって閉店ガラガラで廃業です。
していいことと、してはいけないことのルールが守れないお客さんは客だとは思っていません。

店外デートにしつこく誘う

セクキャバが店外デートを許しているのは同伴だけです。
それ以外で、勝手にお客さんと嬢が店外デートするのは許可していません。
嬢があなたのことを気に入って店外デートにおうじたとしても、NGになります。
あなたにとって嬢はひとりの女性と考えますが、お店から嬢は複数のお客さんの共有なのです。

商品になっているのです。
お客さんの一時の感情で嬢を独り占めにすることや、捨てることはできないのです。
もしもそのようなことがお店のスタッフの耳に入ればNG客の出入り禁止だけではなく、損害金の請求になります。

同伴の予約を無断キャンセル

同伴はセクキャバ嬢にとっては同伴料と来店料の2つがあります。

同伴してくれるお客さんには感謝しかないのです。
この同伴は、嬢の予定とお店の予定2つを確定する行為になります。
お客さんは嬢を独占して優越感があります。
同伴予定を決めたら必ず履行してもらわないといけません。

同伴をドタキャンや連絡なしでキャンセルすると、嬢は成績があがらないだけではなく、罰金請求もあるのです。
お店も見込みが狂うのです。
嬢とお店のダブルで迷惑をかけるので、そのようなキャンセルをする人はNG客になって、続けば出入り禁止になります。
ビジネスで予定は未定という言葉がありますが、セクキャバでは予定を入れれば確定であって、約束は守らないとダメ。

アフターで襲おうとした

嬢が勤務終了後にお客さんとデートするのがアフターです。
これはセクキャバ店側では同伴のように管理や成績に無頼されるものではなく、嬢がお客さんとの交流でしているのです。
キャバクラでは有名なのですが、セクキャバではサービスにエッチなことがあるので注意が必要。
お店は嬢には注意してお客さんと交流するように説明がありますが、そのような心配をなくすためNGにしているお店もあります。

アフターで2人だけの密室にはいるようになると危険が高くなります。
お客さんの車に2人だけになると危険です。
いつ何があるかわからないので注意していますが、それでも強引にことに運ぶお客さんもいます。
未遂で終わればいいのですが、そのまましてしまうこともあります。

そうなれば、お店のスタッフに説明して産婦人科にいって検査、警察に説明などがあります。
当然、あなたの自宅・会社にも連絡が入るようにもなるのです。
出入り禁止というか、へたすると逮捕で懲役になってしまうこともあります。

嬢を馬鹿にした言葉

セクキャバ嬢はひとりの女性です。

それを理解していないお客さんが、なんでこんなところで働く・エッチが好きなのか・親は知っているのか・親も同じ職業かと馬鹿にした言葉をいうお客さん。
風俗業界ではよくあることですが、限度を超えている人がいます。
セクキャバ嬢を馬鹿にしてくる人は、出入り禁止にすぐにはなりませんが、NG客になります。
何度も同じようなことがあれば、出入り禁止になってしまうでしょう。

不潔

上半身サービスでソフトであっても、お客さんが嬢の体を触れる・舐めるなどがあります。
密着してサービスをしていくのに、エチケットがまったくできないお客さんがいます。
爪をのばしたまま・爪と指の間に垢がある・手が油で汚れている・無精ひげを生やしている・肌が汚い・虫歯がある・歯が汚い・口臭がある・体臭がきついなど、とてもこれから密着してサービスできる状態ではないのです。
最低限はシャワー・歯磨き・爪切はしていないと、サービスできないと思うのです。

嬢によっては多少汚くてもいいフェチもいますが、そのような嬢は少ない。

盗撮行為

撮影本当なのかどうかは不明ですが、セクキャバで赤外線を使用した盗撮した動画がネット上ではたくさん配信しています。
隠れてとったのか、やらせなのかはわかりませんが、もしもそれが盗撮だったら、大変ですね。
一旦盗撮の動画がネットに拡散すると、もう止めることはできない。

一生、あなたがセクキャバ嬢をしていたことが残ってしまうのです。
盗撮は犯罪になり、NG客で出入り禁止にできますが、それ以上に困るのが盗撮した動画が一生残ってしまう。
これもメニューにないことなので、損害金を請求されます。

ストーカー行為

最近ではよくあることで、数年前には大学の教授がソープランドで働く女性に恋をして、NG客にされたかなんかで、お店に張り込みして写真をとってSNS投稿していました。

エスカレートすると大変なことになってしまうが男だと認識が必要です。
セクキャバはソフトサービスで恋愛感情に発展しやすい。
注意して、嬢にのめり込まないようにしましょう。
あなたが偶然だったといっても、嬢の自宅の近くに現れたりするとそれだけでヤバイと思われることもあります。

病気かも

セクキャバではお客さんが服を脱ぎはしないので、お客さんが性病感染している人かどうかはわかりにくい。
それでも、歯周病がはげしい。
梅毒であればしっしんが皮膚にでてくるなどわかるタイプのものもあります。
そのような怖れがあるお客さんは、セクキャバ嬢としても不安なので、出入り禁止にすることはあるでしょう。

性病だったら見た目になりますが、病気といっても覚せい剤・大麻・危険ドラッグなどを使用が疑われる人も出入り禁止にします。

キモイ客

セクキャバだけてはありませんが世の中には、何を考えているのかわからない、薄暗い気持ちが悪いタイプがいますね。
オタクがそのように呼ばれることもありますが、目つき・会話など、独特の雰囲気を出しているタイプは、嬢としても怖いのでNG客にすることはあります。
ただ大人しい人であれば問題はありませんが、サービス時間全く会話をしないなどは、少しヤバイと思われるのです。

セクキャバ嬢が悪い場合

NG客・出入り禁止は、男性だけが悪いだけではありません。
セクキャバ嬢の問題もあります。
お客さんと嬢はフィフティの関係であったとしても、嬢がもてあそぶように扱うこともあります。
たとえば、色恋営業などはその典型的なサービスのやり方でしょう。

お客さんと疑似恋人関係でサービスをしていき、嬢はお客さんの心を掴んでしまうのです。
あなたは嬢が好きなのだとぞっこんになって定期的に来店するのですが、嬢からすればそこまで本気になってどうするの?
と思っているのです。
営業のひとつの演技であって恋人ではないのよ、本気にならないでと追っても、走り出した汽車はとまりません。

嬢からすればまずいと思いますが、ネギがカモを背負って来店してくれるようなもので常連になってしまうのです。
嬢からすれば疑似恋人から金づるになったので、NG客にしたいができない感情になるのです。
嬢はいつ切るかと悩みながら、あなたにいうことは、「いい友達関係でいたい」と恋人解消の言葉をかけるのです。
それで、あなたの熱が冷めていけばいいのですが、その勢いが止まらなければNG客にするのです。

あなたは、何がどうなったのかわからないまま寂しい思いをしますが、最初からこのようになることは嬢にすればわかっていたことなのです。
これは色恋営業などの営業でした場合であって、本当にお客さんのことを好きになってしまい、あきらめようと考える嬢がNG客にすることもあります。
逆に息だったが嫌いになったということもあります。

出入り禁止になる条件はどうなっているのか

セクキャバでは、普通にしていたらNG客にいきなりはありません。
スタッフやボーイかせ何度か指導があり、その後改善されないと思えば出入り禁止になります。
NG客は、特定の嬢がダメといっているだけで、別の嬢だったら問題ありません。

セクキャバNG客のまとめ

セクキャバでNG客、出入り禁止になるパターンは、あなたの問題と嬢の問題と2つがあります。
あなたの問題はそのひとつずつをしなければいいですが、嬢の問題はあなたがそれにはまらないようにすることです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする