セクキャバ嬢と会話で仲良くなり連絡先交換までいく方法

セクキャバにいっても嬢とどんな会話をすればいいか、なんかきまずい雰囲気というか難しい。
お酒と会話のキャバクラだったらまだ理解できるが、そこにエッチが微妙にはいるとなると、なんかどうしたらいいのかわからないものです。
会話で嬢と仲良くなって連絡先交換までどうやったらいいか、どのような方法があるか?

会話で嬢のハートを掴む方法があればいい。
セクキャバ嬢との会話についてご紹介します。

セクキャバ嬢と仲良くなる会話と連絡先交換はどうする?

吹き出しセクキャバ嬢と仲良くするといっても、エッチもあるので微妙ですね。

男として見てもらうといっても「どうせエッチがしたくてきている客」と思われている。
事実そうです。
それしかありません。
だって、会話とお酒だけだったらキャバクラで女を口説けばいいわけです。

しかし、セクキャバでエッチをしているのです。
普通に考えたら難しい。
男女関係で肉体か結ばれるときは、会話ではなくスキンシップと目だけでことが進み、余計なことはいわない。
お互い行為に集中しています。

アッとかウッとかだけですね。
ベラベラ会話して、いきなり静かになって上半身裸になっている嬢を舐めまわすのだから、微妙というのが本音ですね。
なにより嬢のほうも会話といっても何かドライでおかしい人と思われないか?
そう考えますね。

それでは、そんなセクキャバで嬢と会話はどのようにすればいいのか見ていきましょう。

セクキャバ嬢と仲良くなる会話

セクキャバだからといって上半身サービスは強制でしないといけない行為ではありません。
嬢が上半身裸になっているところをアプローチできるメニューになっているだけなのです。

あなたが、嬢に対してサービスはいいから会話がしたいと言えば、それは叶うのです。
そりゃ、どっちも叶うならそれがいいですが、会話をメインにすればサービスは捨てないといけません。
嬢から気にいられるとこを目的にしているのなら、会話に集中する環境にしないとダメ
あなたが会話から仲良くなって連絡先交換して、嬢からいい男性と思われたいなら、会話だけで集中する日があってもいいのではありませんか。

一般的に性欲と食欲は同時に叶えられません。
それと同じで嬢に対して仲良くするための会話と性欲は同時にはムリ。

会話はそれほど重要ではない

セクキャバでは、キャバクラのように会話がメインではありません。

嬢も会話が苦手な女性が多くいます。
できればあまり会話することなくサービスして終了したいのが本音だと考えたほうがいいでしょう。
あなたが嬢に対してどこまで熱心の気持ちがあるのかはわかりませんが、セクキャバ嬢として仲良くなることは簡単ですが、女性として見た場合は、難しいのが本音。
嬢として会話するのだったら、てらいのない言葉だけでいいのです。

つまり、仲良くしたいと言えばそれだけでいいと思います。
嬢もありがとうといってくれるでしょう。

会話のポイント

チェック嬢との会話のポイントは簡単です。

あなたがゆがんだ目で嬢をみていなかったら、何も気にすることはありません。
具体的に言えば、セクキャバで働いているエッチをする嬢として見るか、ひとりの女性として見るかの違いで、後者だったら何も問題はない。
あなたが、「なんでセクキャバ嬢になったのか」「セクキャバ嬢して楽しいか」このような言葉をかけるのは、上から目線で女性をセクキャバ嬢として見て馬鹿にしている言葉です。
歪んだ目でみていなければ、女性にそのような無神経な会話はしません。

セクキャバ嬢が喜ぶポイント

セクキャバ嬢が喜ぶポイントも簡単です。
あなたが気に入っている嬢がして欲しいことをかなえてあげるだけです。
それは、定期的に嬢に会いに行く。

指名予約をいれて会う。
同伴する・アフターする。
セクキャバで会った時は、嬢が楽しい気分になる会話ができたらいいのです。
そのためには、嬢が好きなこと、趣味、なんどもいいから興味を持っていることは聞かないとできませんね。

嬢が聞いてもつまらない、フィーリングが違うと思えばただの客と見られるだけです。
いつも自分のことを考えてくれるお客さんと思われれば、会話は成功しているのです。

セクキャバ嬢の連絡先を知る方法

嬢をひとりの女性として見て会話して、嬢が望むことが先にできれば、あなたは信頼できるお客さんの一人になって、簡単に連絡先交換ができます。

セクキャバ嬢の会話まとめ

セクキャバ嬢と会話で仲良くなって連絡先交換する方法は、会話とエッチは同居しないので、サービスはしないで会話をメインにする。
会話で重要なことは、嬢としてみるのではなくひとりの女性と見てやりとりする。
嬢が喜ぶことを先にして信頼をえれば、連絡先交換は簡単にできるのです。

恋愛対象になりたい場合は難しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする