セクキャバ嬢に渡すチップは何が目的なのか?利用方法

セクキャバで嬢に渡すチップは何が目的なのか知りたいですね。
何もないのだったら渡す意味がないとも考えます。
もしも特別サービスがあるのだったら、少しはチップを支払って試したい気持ちはありますね。
いくら渡せば、フィニッシュまでできるのか、もっと過激なサービスだったらどのくらいなのかなど、暗黙でも相場があるでしょう。

セクキャバのチップについてどうなっているのか見ていきましょう。

セクキャバ嬢に支払うチップの目的は何か?

Coinセクキャバ嬢にチップと言われても、国内ではそもそもチップはなじみがないので、なんかモッタイナイ気持ちになりますね。
海外旅行では、普通にというかチップが当たり前であって、そのようにするのが文化になっているのは理解していますね。
しかし、セクキャバ嬢になんでチップが必要なの、受付でサービス料金を支払っているではないかと思ったりします。

ドケチと言われるのは嫌だから、セクキャバのルールとしてチップ制があるなら渡しますが、意味がわからないとだしたくないものです。

セクキャバ店はチップが必要?

セクキャバ店だけでなく、風俗店すべてに言えますが、チップ制度はありません。
これは国内で統一した考えであって、海外のように心づけとして渡す商習慣のようなものはありません。
だから、チップを渡さないとサービスを開始しないのかとか、サービスが悪くなるのかという考えは全くありません。

逆にチップをたくさん渡したからといって、その見返りが何かあるかと言えば、そのようなこともないのです。
ただ、あなたの財布からお金がでていくだけだと考えたほうがいいでしょう。
そもそも、セクキャバ嬢は高い時給を貰って働いているのです。
あなたの時給換算したものなんか比べ物にならない金額になっているのです。

しかも毎日帰る時に給料としてもらっているのです。
セクキャバ店によりますが、時給5000円前後は彼女たちはもらっているのです。
金額を聞いたら、こっちがチップくれといいたくなりますね。
チップはその時給に含まれているもので、米国のようにチップが給料の一部ではないのです。

ただ、これは建前です。
働いている風俗業界の女性は、お客さんがチップとしてくれたらうれしいものです。
チップをあてにして働いてはいませんが、臨時で1000円とか10000円をもらえたらうれしいものですね。
セクキャバ嬢側はありがとうで終わりです。

それ以上も以下も何もありません。
渡す側の心理からすれば、チップを渡して何かいいことないかなと思っているのは、だれの心にもある感情。
そのような下心が全くない、本当ら感謝の気持ちからチップを渡している人もいるでしょう。
いずれせよ、セクキャバ店ではチップ制度はない、チップを渡しているお客さんが勝手にしていることなのです。

チップの相場

棒グラフチップの相場はありません。
そもそもお客さんが自由にお気に入りの嬢に対して、こっそりと渡しているので、そこに料金表なとば存在しないのです。
貰っている風俗嬢がネットであげている情報からは、1000円から20000円前後というのはありますが、それがいつも貰えるのではありません。
たまたま、セクキャバ店に終了間際に入ってムリをいったお客さんが、帰りのタクシー代に使ってと10000円を渡す。

常連がいつも相手にしてくれてありがとうという感謝の気持ちで、本指名している嬢に対して20000円渡す。
暑い日だったら、帰り際にこれで飲み物でも買ってねと言って2000円渡す。
寒い日だったら、これで栄養のいいものを食べて風邪をひかないようにと、5000円渡す。
このように、チップは渡すほうの経済事情によってかわるもので、相場がきまっていません。

また、先の情報からわかるように、お客さんがサービスが終了して帰り際にチップとして渡しているのが、ほとんどです。
サービス開始前とか、途中でチップとして何も理由なく渡すことはないのです。
それをしたら、何かシロと言っているようなものですね。

サービス料金以外にチップを渡す理由

ネットの内容から考察すると、何かを引き換えに嬢にお願いしているものではないですね。

いつもお世話になっている嬢に対しての気遣いであり、それが心づけとしてチップになっていると判断ができます。
これは、人生にゆとりがある仕事は充実しているお金もゆとりがある、そのような人が周りの人に感謝している行動の一貫ともいえます。
だから、時間・金がない人が、このようなチップをムリして渡そうとすれば、見返りをどうしても考えてしまうので、ムリして渡すものではないと思います。
ムリすると、どうしてもスマートさがなくなってしまうのです。

ただ、この内容はセクキャバ店でも標準的にお店です。
チップを貰うのを推奨しているセクキャバ店もあります。
それは、あなたの期待したことができるかもしれません。
どなっているのか見ていきましょう。

チップを推奨しているお店の利用方法

セクキャバ店のなかでも、サービス料金やメニューにはチップについて一切触れていないが、受付でボーイが「嬢にチップを渡せばサービスアップにつながるかも」と囁くお店があります。
なんともよくわからないチップ制度ですが、どのような考えになっているのか整理しました。

セクキャバ店によってはチップを客に推奨

セクキャバ店によってチップを推奨するところは、2つのタイプのお店があります。
ひとつは、セクキャバのサービス料金を平均相場より下げているお店です。

もうひとつは、セクキャバでも違法店になります。

サービス料金が安いセクキャバ

サービス料金が安いセクキャバは、一般的なセクキャバ店のサービス料金よりかなり安い金額になっています。
セクキャバでする上半身サービスはデフォルトではありません。
つまり、料金は安くなっているが、お客さんがチップを支払うことでサービスができるようになるのです。

具体的内容はセクキャバ店によって違うので、考え方について説明します。
チップを支払わないとお酒の接待だけ。
チップを1000円支払うと、服の上からタッチができる。
チップの追加1000円で、服の横から手を入れて触れる。
チップの追加1000円で、上半身裸になってくれる。
チップの追加1000円で、上半身裸にタッチしていい。
このようにチップで普通のセクキャバ店のサービスまでになっていくのです。
このようにセクキャバ店では、チップ1000円が相場です。

嬢にその都度渡していくのです。
一般のセクキャバ店に通っている人からすると、なんかイライラするようなシステムになっていますね。
セクキャバのようなシステムにいきなりならなくても問題ない男性であれば、したいところまでチップを渡せばいいので、コスパはいい。
上半身サービスまで必要ないのであれば、チップを渡さにければいいのです。

チップで違法行為をしているセクキャバ

法律チップ制度を使って違法行為をしているセクキャバ店は、通常のサービス料金で、店内でチップを渡すと他のサービスがあるのです。
受付でボーイが嬢にチップを渡すように言うお店です。

チップによっていいことがある

チップによっていいことがあるのは、サービスが過激になっていくのです。
チップが増えると、どんどん過激になっていくと言われています。

チップの金額によってすることがかわっていくのです。
ネット上では、5000円・10000円・20000円とかになっているようです。
5000円を渡すと手でヌクサービス。
10000円を渡すと口でヌクサービス。
20000円を渡すとアソコでする最高のサービス。
このサービスは、すべて違法行為になります。
セクキャバ店がわかってしているのか、嬢が判断でしている行為なのかは別にして、摘発対象になるセクキャバ店です。
このような違法行為をしているセクキャバ店は楽しいからといって利用するべきではありません。

警察の摘発対象になるのは、それほど遅くない。
いつ警察のガサ入れがあるかわからないのです。
あなたがセクキャバ嬢にチップを渡してサービスを受けている恥ずかしいところに、警察が一斉に入ってくることも考えられます。
そうなると現場の証拠写真を撮影します。

あなたの恥ずかしいところがうつるのです。
あなたは状況によっては逮捕になることもあります。
たとえば、18歳未満の女性とわかって、チップを渡してサービスを受けていたらアウトです。
逮捕になります。

最悪の状況ですね。
18歳以上であっても、連行されて事情聴取になるのです。
場合によっては裁判で証人として出廷が必要になることもあるのです。
あなたは、おもしろい。

少しくらいはいいだろうと考えでしょうが、そんなことでは終わらないのです。
あなたにパートナーがいれば、当然知られることになるでしょう。
一生笑いものになるかもしれません。
よく考えて、このようなセクキャバ店を利用しましょう。

受付でチップについてささやかれた、店内でチップが飛び交っているお店。
この2つに入るセクキャバ店は早々に帰ったほうがいいでしょう。
チップによる過剰サービスのお店は絶対利用してはいけないのです。

セクキャバサービスは決められている

セクキャバは、お店によって多少の違いがあったとしても、サービス内容の基本は決められています。

ソフトサービスとハードサービスの2つがあります。
ソフトサービスであれば、お酒の接待と会話・上半身サービスだけです。
上半身サービスは、嬢が上半身裸になって男性の脚にまたがってサービスをするのです。
バストを触る・乳首を舐める、吸う・キスするなど、限られているのです。

ハードサービスは、ソフトサービスに下半身サービスがプラスされます。
下半身サービスといっても過激なものはなく、下着の上からタッチができるだけです。
これがセクキャバのサービスです。
性風俗店あるヌキのサービスは一切ないのです。

そもそも、セクキャバはキャバクラの派生のお店になるのです。
深夜酒類販売ができるお店なのです。
サービスも表向きはしてはいけないものです。
嬢が男に接待しているときに、いい関係になって多少イチャイチャしてバストを触った。
キスしたなどのことなのです。
そこを性風俗と同じように、拡大解釈してチップを出してなんでもできると考えるのはNG
チップ意外にもセクキャバ店としてヤバイ危険にお店があります。
セクキャバ店内は、ソファーとテーブルが複数並んでいるキャバクラと同じ環境になります。

そこにVIPルームの個室があること自体がセクキャバでは違法といっていいでしょう。
密室に嬢と2人だけになってサービスすることができるのは、ソープランドやヘルス系だけになるのです。
セクキャバでお客さんと2人だけになってはいけません。
そのようなところでするサービスはとても危険な行為で、チップ制のセクキャバ店と同じ考えて、過激サービスをしています。

このVIPルームのセクキャバ店にも、チップのような特別料金があります。
これを渡すことで、特別サービスが受けられるのですが、違法店になっています。
どうあれ、セクキャバのサービス以上のことをするようなお店はどこもアウトなので、それを理解しないといけません。
セクキャバが正しいお店で営業しているところで、あなたが嬢にチップを渡して、店外で勝ってに何かをすることは違法行為ではありません。

ただ、それはセクキャバ店からするとルール違反になるので、店外で嬢としたことがセクキャバ店にバレルと損害賠償を請求される場合があります。

セクキャバ嬢に渡すチップのまとめ

セクキャバ店はチップが必要なところは基本はありません。
だからチップの相場はないのです。
チップをセクキャバ嬢に渡すのは、感謝の心づけであって帰り際に渡しています。

このようにしているお客さんはいますが、セクキャバ店はサービス料金に含まれています。
チップを推奨しているセクキャバ店は2つあります、ひとつはサービス料金が安くなっていてチップによってサービスができるタイプ。
もうひとつはチップで過激なサービスができる違法店です。
違法店にはVIPルームのタイプもあり特別料金で過激なサービスをします。

セクキャバのきちんとしているお店はサービス内容が決まっています。
ヌキのサービスは絶対にできません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする