酒を飲まない客はセクキャバで楽しめないのか?

酒が一滴も飲めない人はいまでは珍しくありませんね。
会社関係ではいまでは飲めなくても問題はなくなっています。
セクキャバにいくならそうはいかないかもしれない。
酒が飲めないと風俗などいっても楽しめない。
セクキャバ嬢も酒が飲めない客は嫌ではないかと思ってしまう。

セクキャバで酒意外で楽しむ方法はあるのか、酒が飲めない客の遊び方についてご紹介します。

酒を飲まない客はセクキャバで嫌われるか?

酒酒を飲まない客というだけでセクキャバ嬢やお店に嫌われるかというと、そんなことはありません。
お酒を飲まないようなお客さんはたくさんいます。
セクキャバはお酒の接待を目的にしているところではないのです。

お酒の接待と会話はありますが、それを目的にしている人は少ないのです。
酒が飲めないだけでセクキャバ嬢が嫌ってサービスしないことはないのです。
ドリンクの成績があがらない。
本音としてはセクキャバ嬢としては嫌なのではと思うでしょうが、セクキャバ店ではサービス料金に飲み代込みの飲み放題もあります。

つまり、ドリンクで成績は左右しないのです。
そんなことでセクキャバ嬢が嫌っていたら、お客さんはいなくなります。
セクキャバ嬢が嫌なお客さんはお酒ではありません。
そんなタイプではありません。

どんな客が嫌なタイプなのか、まずはチェックしていきましょう。

セクキャバ嬢が嫌う客

お酒なんかでセクキャバ嬢がお客さんを嫌うことはありませんが、以下のようなことでは嫌なおもいをします。

上半身サービスがひどい客

セクキャバは上半身サービスがメインです。
嬢はお客さんの脚にまたがって上半身裸になってサービスします。

バストを触る、舐める、揉む・乳首を舐める、噛むなどです。
これはどのセクキャバでも同じです。
お客さんがすることも同じですが、ただ、その力加減に問題があるのです。
バストはアソコと同じでデリケートです。

優しく触らないと痛いのです。
お客さんはセクキャバの痛みのことを理解していない。
自分の本能で嬢の体を触るのです。
嬢にしたら苦痛でたまりません。

サービスでしてはダメなことをする客

禁止 マークセクキャバのサービスは、前述の通り上半身サービスです。
これはソフトセクキャバです。
下半身サービスがあるのをハードセクキャバと言います。
下半身サービスといっても下着のうえからタッチができるだけです。

サービス以外のことを求めるお客さんがいるのです。
ヌキサービスを強要するようなタイプのお客さんです。
このような客は嫌だとの次元ではありません。
下半身サービスでタッチだけになっているのに、下着の横から指をいれてくるタイプも嫌です。

嬢を馬鹿にして説教する客

セクキャバで働いてこんなことしていたら稼げるなんていいな。
と馬鹿にする。
こんなところでバイトをしていいのか、将来困るとか、働いていることを説教にする。
それでもサービスはきっちりして帰るタイプの客は嫌なタイプです。

お酒を飲みすぎて困る客

泥酔客の入店は受付で断るのでいいのですが、入店してからガガハガバ飲んで酔ってしまって、寝てしまう。
気が大きくなって大きい声や乱暴なことをする人は嫌な客。
程々にしていれば普通のいい男性なのですが、酒が入ったらダメになるのです。

毎回店外デートにしつこく誘う客

セクキャバでできるサービスは店内ではお酒の接待・上半身サービス・ハードセクキャバでは下半身サービス。

他には同伴やアフターサービスがあります。
これ以外のサービスはありません。
お客さんと個人で店外デートなどはありえないのです。
できないといってもしつこく連呼してきたら、疲れて嫌になります。

セクキャバ店を通さずに店外デートをした場合は、禁止になっています。
もしもバレタリするとセクキャバはクビになって、しかも損害金として凄い金額を支払うことになるのです。
これは嬢だけではなく、お客さんにも請求がいくのです。

連絡先交換したあとにストーカー行為する客

本指名客で良い人と信用して連絡先交換したら、いきなり連絡が毎日のように入ってくるのです。

いまどこ・何していると、正直なところ怖い客になります。
ストーカー行為に合わないようにしたいので出入り禁止にしても、いつもつけられているような感じ。

不衛生な客

シャワーセクキャバは上半身サービス・下半身サービスでもソフトサービスです。
それでも、体は密着した状態になるので、最低限のエチケットは守って欲しい。

髪が脂ぎっている・肌がベトベト・無精ヒゲがチクチクして痛い・歯は汚い・虫歯のニオイがする・体臭がくさい・爪が伸びているなど、最低限きちんとシャワーをあびてきれいにしてから入店して欲しい。
お酒が飲めないのは可愛いと思いませんか、あなたがお酒が飲めないと言ったら、泥酔することもありません。
安心して接客ができると安心してくれるでしょう。

セクキャバ嬢でも酒は飲めない子はいる

セクキャバでは、嬢もお酒が飲めない子はいます。

お客さんと同じで、飲めない体質の人はいるのです。
そんな女性にお客さんが飲めよと、しつこく進める人がいますが、この気持ちはお酒を飲まない客だったら、嫌な行為だと理解できますよね。
セクキャバ嬢には、お酒が飲めるが飲まない嬢もたくさんいます。
セクキャバで毎日働いて5.6時間接待で飲んでいたら、普通に考えると肝臓に負担が大きい

セクキャバで働くのはいいが、お酒を毎日飲みたくない。
そういう理由で飲まない嬢はいるのです。
お酒を飲めない客は、逆にセクキャバ嬢の気持ちがよくわかるので、ウェルカムになる人もいるでしょう。
セクキャバではお酒がメインではありません。

メインは上半身か下半身サービスになるのです。
だから、お酒が飲めないからといって嫌われることはなく、逆に好かれるお客さんのタイプになるかもしれません。
そんなことを心配するより、セクキャバ嬢が嫌だと思っていることをひとつずつチェックして、痛い客になっていないかみたほうがいいでしょう。
楽しむと言う意味では、セクキャバには同伴サービスもあります。

セクキャバ嬢と仲良くなるツールのひとつで、セクキャバ嬢を本指名して仲良くなって、同伴でセクキャバ営業前に食事して入店するのです。
一見、同伴なんかメッシーのようなものと思いますが、食事をおごってセクキャバ店に入ることで、駆け引きを楽しめるのです。
スマートにセクキャバ嬢をエスコートすることで、男女関係は難しいでしょうが、女性の心理を理解して口説くやり方がレッスンできるのです。
これは、一般の女性がいきなり試すのではなく、セクキャバ嬢と駆け引きをしていけばかなり腕があがるでしょう。

セクキャバで働いている女性は、お客さんを男とは見ていませんので、かなりハードルが高い駆け引きができるのです。

セクキャバで酒をのまない客のまとめ

お酒が飲めない客はセクキャバで楽しめない・嫌われることはありません。
むしろ酒で酔って困らすことはないので好かれるかもしれません。
お酒での失敗のほうが多く、嫌われる客のタイプがいます。

セクキャバは酒とエッチサービスだけでなく、嬢を駆け引きを楽しむことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする