セクキャバ嬢に好かれる方法は何が有効か?テク解説

一般の女性にはモテナイが、セクキャバではモテたい。
そんな感情を持つことはあるでしょう。
お金は払って利用するのがセクキャバだが、綺麗な姉ちゃんとひと時を楽しくすごしたい。
それには、お酒・会話・サービスを通して嬢がこっちを向いてうれしいとか楽しい感情から好感をもってもらわないとね。
好かれる方法はどのようなテクがあるでしょうか解説します。

セクキャバ嬢に好かれるテクニックはどんな方法があるのか

チェックリストセクキャバ嬢に好かれる方法があれば知りたいですよね。

セクキャバ嬢を通して男女の駆け引きができるようになれば、ノウハウとして一般女性にも使えるかもしれない。
好かれる方法のノウハウは、世の中にたくさんの書籍があります。
女性心理を理解してなんとか自分のほうを向いて欲しい。
俺のことを好きといって欲しいという男はたくさんいますね。

なんとか気を引くために、良いところを見せようとする。
プレゼントを贈る。
相手の困っていることを解決するなど、相手に関心もってもらう行動をします。
セクキャバ嬢に好かれる方法は何をすればいいのか、セクキャバ嬢の心理から、4つの項目にわけてチェックしました。

・セクキャバ嬢が嫌いな客
・セクキャバ嬢が困る客
・セクキャバの遊び方を知らない客
・セクキャバ嬢が望みを知らない客

この4つについて、ひとつずつ解説します。

最低限セクキャバ嬢が嫌なことはしない

一般の女性でもそうですが、相手が嫌なことをする。
好きだから嫌がらせをしてこっちを向いて欲しいという感情の行動もあります。

セクキャバでは、そのような行動や言動はしてはいけません。

乱暴にする

乱暴なことは行動だけではありません。
言葉の乱暴もあります。
手や足がでて相手をたたく・蹴るなどで肉体的に苦痛をあたえるのが行動でのことですが、これをするとボーイがすぐに退出させます。

これはわかりやすい行動ですが、言葉の乱暴は陰湿で精神的に嫌な思いをさせていきます。
とくに男が上で、嬢は下のような馬鹿にした言葉は、「何様」と思って嫌な気持ちしかない。
行動にでていないので、帰れとはいえませんが、嬢は客だとは思っていないでしょう。

サービスにないことを強要する

セクキャバはサービス内容が決まっています。

その範囲を超えたサービスを強要する。
強要はしないが、知らないふりをして流れでする。
あなたの女が嬢ではありません。
勝手な行動はダメ。

店外デート要求

セクキャバはお店を通さないで店外デートは許可していません。
それをしつこく少しだけと誘われるのは迷惑が疲れます。

泥酔状態で入店する

酒セクキャバの利用は、だいたいが2次会になります。
1次会で食事とお酒で出来上がって、少しだけ女の子と楽しもうというのりで来店します。

それはいたって普通のことで何も問題はありませんが、酒の量が度を越している人です。
泥酔状態で入店する。
寝たまま。
帰らない。

料金が高い。
ゲロなど、迷惑以外に何もありません。

不潔

上半身裸になってのサービスがあります。
少しのエッチで男からすれば物足りない部分があるでしょうが、それでも体は密着してサービスします。

性風俗のような特別ハードなことはしません。
シャワールームはなくおしぼりで手を拭いてサービススタートです。
そのような環境になるので、衛生的に問題がある体の男は来店ほしくないのです。
爪が伸びている。

爪と指の間に垢が溜まっている・無精ひげが伸びている・脂ぎった肌・フケいっぱいの髪・歯が汚い・虫歯がある・口臭がある・体臭がきついなど、風俗で遊ぶ最低限のマナーが守れない人は嫌い。
服装・髪型・スタイルがどうとかの問題ではありません。
不潔な男性に好感が持てるわけありません。

セクキャバ嬢が困る状況はつくらない

セクキャバ嬢がサービスを通して困る状況をつくる人もいます。
どのようなタイプが困って嫌だと思われているのかチェックしましょう。

会話をしない

セクキャバ嬢はキャバクラ嬢のように会話は得意ではありません。
会話はどちらかというと男性に誘導してもらって進めたいと考えているのです。

お客さんが何も会話しないので嬢がなんとか楽しくしたいと会話をふっても完全無視でいる。
何がどうしたいのか全くわからないので困る状況から気持ち悪い感情が湧いてくる。

指名を変える

セクキャバ店のたくさんいる女性のなかから好みのタイプを選びたい感情は理解しますが、ころころ指名を変えられると嫌な気持ちになります。
指名を変えるのはお客さんの自由ではありますが、指名のかえるタイミングは考えてして欲しい。

当日指名してもらったら、その日は変えないで欲しい。
つぎのときに別の嬢にすれば、自分は指名ではなくなったと理解できるのです。
目の前でコロコロは困るというか、がっかりして元気がでない。

乳首が痛くなることはしない

乱暴に似ていますが、これは理解して欲しい部分です。

乳首をみたら男は興奮して口にふくめて舐める・吸います。
これは普通の行動。
ただ、そのやり方について加減はして欲しい。
AV鑑賞しすぎた結果なのか、力をいれて吸う・舐める・噛むなどをされると、乳首が痛くてたまりません。

乳首は性感帯のひとつなので、やさしくソフトにしてもらいたい。
□乳首や肌の荒れについて口にしない
セクキャバ嬢の1日のサービス人数は、回転のいいお店で多くて10人になります。
出勤が多くなれば、生活リズムを不規則になってしまい、肌や乳首ケアが十分できないで、肌アレや乳首が腫れていることもあります。

乳輪が黒いとか乳首が伸びている。
肌がガサガサなど言われたら辛い。
お客さんからすれば商品価値としてダメだと思うでしょうが、少しは理解して欲しい。

セクキャバの遊び方を知らないと嫌われる

セクキャバのスマートな遊び方を知らない人もいます。
どのようなタイプが嫌だと思われているのかチェックしましょう。
□嬢の頼みごとは一切きかない
セクキャバに何度が来店して、指名してくれる関係になっても、嬢がお願いをしても一切きいてくれない。

確かにセクキャバ嬢は仕事でしているので、女ではありません。
だから聞く義理はありませんが、それでもスマートな遊びがしたいなら多少のわがままを聞いて欲しい。
ドリンクを注文ダメ。
同伴ダメ。
予約ダメ。
延長ダメ。
そのような対応をするお客さんは好感をもたれません。

約束を守らない

セクキャバ嬢だから約束しても、なかったことにする人がいます。

風俗でお酒を飲んで酔っていたのでしかたないことはあるでしょう。
ただ、同伴や指名の約束を自分からしてきて、当日になってのドタキャンは人として問題がある。

お金に汚い

財布何度も来店してくれるのでありがたいお客さん。
そのような人であっても、お金に汚い人は好感もたれません。

そのドリンク、オレは注文していない。
延長はしていないなど細かいことを言われるとお金を使ってくれても気持ちはいいものではない。

セクキャバ嬢が望んでいることを知る

セクキャバ嬢が望んでいることが理解できないと、あなたは嬢に好かれない。

どのようなことをすると嬢はあなたのことをいいお客さんだと思うのかチェックしましょう。

指名して欲しい

縁があって指名してもらっているのは理解しているが、一度決めた嬢に継続して指名して欲しい。
あっちこっちと目移りしていくタイプの人もいますが、そうなればそういう人とみてしまう。

予約して欲しい

定期的に予約をいれて会いに来てほしい。

恋愛感情はありませんが、そうされることで接触回数が増えて、お客さんとして大切にしようと思います。

同伴して欲しい

これも予約と共通して、同伴であっても食事して相手のことをしることができます。
増えればそれだけ記憶には残ります。
いつも贔屓にしてくれるお客さんだから、大切にしようという感情はでてくるものです。

個人的な付き合いはできないことを知って

セクキャバで働いているのは理由があってのこと。
理由は聞いて欲しくない。
個人的な付き合いもできない。
あくまで、セクキャバ店で働いている嬢を演出しているのです。

そこを理解して時間を楽しんでほしい。

セクキャバ嬢に好かれる方法は簡単

セクキャバ嬢が嫌なことをしない。
困ることをしない。

遊び界を知る。
望んでいることをしてあげるだけでいいのです。
何か特別なことをしてあげればいいのではなく、簡単なことだったのです。
それには、お金がある程度は必要ですね。

懐事情にあわせてセクキャバ店を選ぶことが重要になります。
経済が破たんするような理由方法は、セクキャバ嬢も望んではいません。
あなたが気持ちよく利用できお店・タイプの女性がいるところ・経済的に問題なく利用できる。
そんなお店を見つける。

そこで、嬢を固定して継続していけば自然に好かれていくのです。
あくまで、セクキャバ嬢とお客さんの関係で好かれる方法であって、嬢に恋愛感情まで持ってもらう方法ではありません。
世の中の風俗で働く女性は、お客さんと恋愛感情はもたないのが鉄則になっています。
それでも、それを望んでいるなら、あなたは人間的に心の広いタイプでないとムリでしょう。

セクキャバ嬢と男女関係を望む場合のポイントは、嬢の本質を見てあげることです。
嬢を嬢としてみるのではなく、女性として人間として心にフォーカスをあてるといいでしょう。
ただ、これは悪用してはいけません。
人をもてあそぶような関係だけはしないでください。

セクキャバ嬢に好かれる方法まとめ

セクキャバにいって嬢に好かれたい。
その方法は簡単でしたね。
好かれるのではなく、嬢に嫌われないようにすれば、自然に好かれるようになります。

ただ、これが男性には難しい。
男の本能として好かれる先のことを考えるからです。
その考えが強ければ強いほど焦って荒削りな部分が見えて本性がわかってしまうのです。
セクキャバ嬢に好かれる。
それはセクキャバ嬢とお客さんの関係と理解しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする